Blog

RPA導入決定!!運営業務において年間2,400時間の業務自動化を目指します

2018.05.23INFO

luca-bravo-207676-unsplash

オンサイトは膨大なWebサービスの運営において発生する、人間の判断を必要としない定型的な作業を、RPAの導入によって自動化するチャレンジをスタートします。
RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略で、徐々に日本でも導入され始めている業務効率化のソリューションです。

WebブラウザやOfficeなどのアプリケーションを横断する定型作業を、プログラミングに知識が無くても簡単に自動化でき、まさに、PC上で動くロボットを作るイメージです。操作する人間がいなくても、勝手にPCが大量の定型作業を複数のアプリケーションを操作し、遂行できるようになります。

RPAは一般的に、経理や総務などの企業のバックオフィス業務への導入が一般的ですが、オンサイトではまずWebサービス運営部分での導入にチャレンジし、画像認識AIやテキストマイニングプログラムとの連携により、低コストで高精度な業務フロー構築を目指します。

今回、社内にRPAの導入、同時にRPAコンサルタントの育成も開始、中期的にはWEBサービス運営業務負荷軽減のソリューションとして、クライアント様にも提供していきたいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP